気持ちを切り替えて頑張るぞーと思った瞬間、ユーロドルチャートがこんな風になってしまいました(1時間足チャート)。

20100720 EURUSD_H1チャート

私が持っているトレンド型のEAって、こんな風にドーンと急上昇(または急降下)したとき、その天井(または底)でロング(またはショート)をするんですよね。青い矢印がロングでエントリーした場所なのですが、見事にはまっています。

リスクパラ-メータを低く抑えて動かしたので先週に比べれば損失は少ない方なのですが、右にありますように資金がかなりヤバイ状態にありますので、そのまま放置というわけにもいきません。

このときちょうどマーケットの魔術師を読んでいたのですが、その中でジム・ロジャーズの「評価損などというものはないんだよ。評価損イコール実現損だ。」という言葉に強く揺さぶられ、評価損になっているポジションを損切りしました。

今の相場にトレンド型EAはマッチしないように思います。そこでリアル口座では、利益を出しているスキャルピング系EA(MegaDroid、FAP Turbo、Primeval-EA)と、トレンド型なのかなと思いつつも利益を出しているSafeDroidと4xCanaryだけを動かし、他のEAは停止することにしました。これで決算シーズンおよび欧州ストレステストの結果を乗り切りたいと思います。PipsMinerやFAP Ultra等はデモ口座で動かし、相場に乗れるようになったと思った頃にリアル口座で動かしたいと思います。

しかし1週間ちょいでここまでやられるとは思いませんでした。「最初は小さく始めよ」という格言がありますが、自分が思っていた以上にリスクを取っていたように思います。リアル口座は動かさず、しばらくはデモ口座でEAのクセなんかを見た方が良かったかもしれません。高い授業料を払っているなあ。