NHK BShiで放送されたハーバード白熱教室をBD-REへ焼くのが終わりました。BD-REはBDAV形式しか受け付けないと思っていましたが、BDMV形式も大丈夫でした。Blu-rayディスクならBDAV、BDMVのどちらもOKというのが結論です。

あと番宣のカットやチャプター入れなどは最初TMPGenc MPEG Editor 3(BDAV形式)で行っていたのですが、二カ国語放送は主音声または副音声のみ残すか、2つのチャンネルをそのままステレオ形式として乗せるかしか方法がなく、ステレオ形式で焼いたBD-REをPlayStation 3で再生したところ、音声チャンネルの切り替えができず、主音声・副音声の両方が流れてきました。今のところTMPGenc MPEG Editor 3では対処方法が無いようです。TMPGenc Authoring Works 4(BDMV形式)だと二カ国語放送をサポートしているため、こちらで番宣のカットやチャプター入れ、メニューの作成等を行いました。

焼いたものがPlayStation 3で再生できるか確認しているときに気づいたのですが、放送の受信状態が一時的に悪かったのか、一瞬だけブロックノイズが入ってしまいました。ただし本編の部分ではなかったのが救いです。修正しようがないのでそのままにしました。

あとはいつ見るかなのですが、第1回目を見たとき、面白いんだけど内容が非常に濃く、頭の血管がピクピクなりました。今の状態だと追いつくことすらできなさそうなので、もうちょっとエネルギーをためてから続きを見ようと思います。

TMPGEnc MPEG Editor 3TMPGEnc MPEG Editor 3
ペガシス(2008-03-19)
おすすめ度:3.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
TMPGEnc Authoring Works 4TMPGEnc Authoring Works 4
ペガシス(2008-11-07)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る