2011年7月19日(火):ドリンクタイプの追記あり。

2011年7月31日(日)追記:飲む点滴"OS-1"と同じ経口補水液を作ってみました

きっかけはこちらのブログの記事。

熱中症にかかった時に飲むといいものらしいってことで、例によって例の如くAmazonで検索したらありました。

経口補水液 オーエスワン(OS-1) 500ml×24本
大塚製薬

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 経口補水液 オーエスワン(OS-1) 500ml×24本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

Amazonのレビューを見ますと「飲む点滴」とのこと。ポカリスエットとかのスポーツドリンクというより、医薬品に近いもののようです。

で、近所のマツモトキヨシで買ってきたのですが、売ってたのはゼリータイプのこんなヤツ。

ウィダーインゼリーとかいったのと同じ感じですね。

5個買って持ち帰り、そのうちの1つを飲んでみました。・・・味のないゼリー・・・って感じですかね。申し訳ない程度にグレープフルーツ味がする?・・・でもゼリーだ。

太らずにゼリーの食感を味わいたい人にはいいかもしれません(そっちに持っていくか!)。飲んだ後の体の変化は・・・今のところ何も変化なしです。口の中、特に舌が乾いて乾いてしょうがないのですが、これはコンビニで買った生塩飴の方が口の渇きなどが解消されました。熱中症とはまた違うのかな。

リボン 生塩飴 110g(個装紙込み)×10個
リボン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リボン 生塩飴 110g(個装紙込み)×10個 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

残りは冷蔵庫に入れて、親に熱中症っぽかったら飲んで〜と言いましたが、成人男性の場合、500〜1,000g/日の摂取とのこと。3〜5袋飲めってことですね。ちなみにゼリータイプの方は1つ200円でした。1,000gとなると1,000円ですか。命の値段と秤にかければ安いのでしょうが、熱中症にならないように注意するのが一番安上がりのような気がしてきました。そうなると、やはりクーラー?

2011年7月19日(火)追記。

翌日、ちょっと離れたもうちょっと店舗の大きいマツモトキヨシへ行ってみたら、ゼリータイプだけでなく、ドリンクタイプのOS-1も売っていました。ゼリータイプは200円でしたが、ドリンクタイプは190円でした。容量は500mLでした。

2011-07-18_0068_web

味の方ですが、ポカリスエットを薄ーくするとこんな味になるかなといった感じの、グレープフルーツっぽい味でした。ちょっとでも味がついているとゴクゴクと一気に飲み干せますから、緊急時にはいいかも。成人が500〜1000mLの摂取ということですから、ドリンクタイプだと1〜2本ですみ、価格も400円弱で済みます。

注意書きを見ますと

医師から脱水状態時の食事療法として指示された場合に限りお飲みください。医師、看護師、薬剤師、管理栄養士の指導に従ってお飲みください。食事療法の素材として適するものであって、多く飲用することによって原疾患が治癒するものではありません。

と書かれており、汗をいっぱいかいたから飲もうというものではないようです。

2011年7月30日(土)追記。

OS-1の公式ページがありました。

この中の「経口補水液とは?」をクリックすると、経口補水液の作り方が紹介されています。明日作ってみよ。

2011年7月31日(日)追記:飲む点滴"OS-1"と同じ経口補水液を作ってみました