2012年9月24日追記:約1ヶ月で骨盤の歪みを治しました
今通っているコナミスポーツのところで骨盤の歪みチェック&調整というのをやっており、調べてもらったところ、かなりヒドイ状態らしいのですが、実感がないので「へー」くらいにしか思ってませんでした。が、

右足が短いです

と言われて「ええ!?」と驚いた次第。マッサージチェアみたいなのでブルブルと矯正してもらったのですが、レッドゾーンのまま。

翌々日にシーエクスワークスで通ったときにもチェックしてもらったのですが、ブルブルやってもらった後でようやくほぼ正常な状態になりました。左右の差が3kg以上あるとレッドゾーンだそうです。

ScanSnap002

ただし、これはやってもらったからといって、それが持続するわけではなく、一時的に正しい状態に近づくだけで、普段の姿勢(あぐら、足を組む、猫背、etc.)なんかをしているとすぐに元の歪んだ状態になってしまいます。

骨盤ブルブルも今週末くらいまでって言ってたし、どーしたものかと思っていたら、たまたまスポーツマッサージをしているプロの方と会いまして見てもらったところ、骨盤だけでなくリンパも詰まりまくっていると言われました。

ちょうど膝の裏がガンダムのプラモデルの、膝の裏と同じようにポコンと膨らんでいるのですが、これはリンパが詰まっててそうなっているんだそうです(指で指したあたりが膝の裏なのですが、それよりも盛り上がっているのが分かるでしょうか。なんか散らかっててゴメンね)。身体を鍛える事でこうなったと思っていただけのショックでした。

DSCN5774__web

全身を診てもらったところ、身体全体のリンパ腺が詰まっていて、おまけに骨盤も歪んでいるので腸をちゃんと支える事ができないので下腹ポッコリになっているとのこと。

加圧トレーニングに約9ヶ月通っているのに下腹ポッコリが治らないというか、リフレックス錠で太る前でも下腹ポッコリだったのはそういうワケだったのかと、ようやく納得できました。

で、リンパマッサージをやってもらったのですが、イデデデデ状態。足のスネの骨と、その外側にある筋肉の間にもリンパ腺があるそうなのですが、全然指が入らないとのこと。それが普通だと思っていたものですから「指が入るんですか!?」状態だったのですが、足首から膝に向けてマッサージしてもらったところ、これまたイデデデデ状態。

どっかの忍者漫画じゃないけど、お腹に何かを封印するかのようなマッサージもされ、これまたイデデデデ。 

応急処置的ですが、一通りやってもらったところ、なんか腰が右に傾いたような気がします。というか、これが本来の位置なんですけどね。

本来なら遠赤外線なり42度くらいのお湯で半身浴をして身体を内部から温めてから行うそうです。でないとマッサージをしてもリンパ液が移動しないそうです(追記:移動しないってのは大げさですね。加熱しないで流れないのならとっくにリンパ腺が詰まって死んでますわ)。

そういえば温熱療法をやった後、かなりスッキリしていたのですが、この辺も関係しているのかな(現在は会社に「温熱療法は健康保険の適用外の医療行為なので、そのために会社を早退することは認められません」ということで、温熱療法は中断となりました orz。産業医も内科から精神科に変わったのですが、温熱療法については最初から無視って感じでした。認知行動療法も2010年から一部保険点数化されたという具合なので、温熱療法が正式な医療行為と認められるのはまだまだ先なのかなぁ)。

壁を使った正しい姿勢の確認方法(まずこれができないと他のをやっても意味がないそうで、陸上選手だとタイムで数秒違ってくるそうです)や半身浴の方法、足を組んだりあぐらをかいちゃダメといったことを教えてもらい、 できるところからやっていこうと思いました。

あと骨盤が大きく歪んでいる原因として、お尻のポケットに財布を入れているのが一番の原因なのではということにも気づき、教えてもらってからお尻のポケットには何も入れないことにしました。あー、確かに椅子やバイクのシートに座ったとき、左右の高さが違ってましたわ。財布もこんだけ厚ければ骨盤が歪むのも納得です。

DSCN5775__web

なんかいろいろとダメ出しを受けましたが、頭でも理屈で理解できましたし、身体でも実感できたので、よかったと思います。

2012年8月25日追記:

野球とかテニス、ゴルフ、バドミントンといった右打ち、左打ちといった左右非対称の運動は骨盤が歪みやすいので、右で打ったなら左でも打つというように左右で同じ運動をしないといけないそうです。そういう意味では水泳やウォーキングといった左右対称の運動の方が歪みにくいそうです。