1月にケータイ電話をauからdocomoにMNPした際に光インターネットもauひかりからドコモ光に切り替えてみたのですが、集合住宅の悲しさというか、フレッツ光の利用者の多さというか、そういうのが混ざり合って通信速度は恐ろしく低下し、1日に何回か回線が切れるという環境になってしまいました。

光回線から光回線へ乗り換えると遅くなるということは全く頭になかったので、上記のような環境に悲しみと怒りがふつふつと。

それ以上にオンラインバンキングやネット証券を利用しているときに回線が切れたり、遅すぎてタイムアウトになった場合どうなっちゃうのかが不安でした。

プロバイダーの問題ではないなーと思いながらも問い合わせたところ、リセッションのやり方を教えてもらい、やってみたのですが改善されず。

我慢ならんということで、auひかりに戻りました。

レスポンスがよくって回線が切れないって素晴らしいですね。

今の環境で満足している場合、乗り換えるリスクをあえて取るのはチャレンジャーだなーと思った2ヶ月でした。

追記:BNRスピードテストで測定した結果を貼っておきます。

ドコモ光(2017年2月2日 18時35分)
BNRスピードテスト20170202_1835

auひかり(2017年2月24日 18時33分)
BNRスピードテスト20170224_1833