日本株PF(3月 -3.19%、年初来 -1.87%)
TOPIX(3月 -2.94%、年初来 -5.57%)

保有銘柄
 ひふみプラス
 パピレス(3641)
 マネーフォワード(3994)
 プレステージ・インターナショナル(4290)
 東海カーボン(5301)
 日本ライフライン(7575)
 日本MDM(7600)
 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(7774)
 乃村工藝社(9716)

日本株PFパフォーマンス

日本株3月パフォーマンス

アクシーズ(1381)の2日連続ストップ高とマネーフォワード(3994)のストップ高で利確していればよかったのですが、長期保有というのが頭にあったためそのままホールド。株価は下がっていき、元本割れまで落ちました。米国株の場合、急上昇したあとでもしばらくその水準を維持するケースが多いのですが、この辺が日本株との違いなんですかね。とりあえずストップ高になったら保有目的にかかわらず利確するのが正解のようです。


米国株PF(3月 -2.23%、年初来 9.96%)
S&P500(3月 -2.69%、年初来 -1.22%)

保有銘柄
 マスターカード(MA)
 アップル(AAPL)
 スクエア(SQ)
 NVIDIA CORP(NVDA)
 アムジェン(AMGN)
 JPモルガン・チェース(JPM)
 アドビ・システムズ(ADBE)
 フェイスブック(FB)
 Amazon.com(AMZN)
 IPGフォトニクス(IPGP)
 ドミノ・ピザ(DPZ)
 ビザ(V)
 インテル(INTC)

米国株PFパフォーマンス

米国株3月パフォーマンス

米国株個別損益

3月中旬までは調子よかったのですが、フェイスブック(FB)やらトランプ大統領やらウーバーの人身事故やらと悪材料が出たため急落。ハイテク絶好調から一転逆風にあってます。ザッカーバーグはあまり考えてないような感じですし、トランプ大統領は口にチャックをつけてほしいし、この混乱の落としどころはどこなんですかねぇ。